区分所有法 宅建試験にたった45日、カンタン一発合格できる勉強法


HOME > 区分所有 ステップごとの重みで理解できる区分所有法

区分所有 ステップごとの重みで理解できる区分所有法

民法も最後になりましたが、区分所有法に関してです。

区分所有法については、法改正について変わった点 と、集会の決議でどれくらい必要か
ということが大切です。

集会の議決では、例えばマンションで騒音などうるさい!と思った時、

次は借地借家法について覚えました。

1:単独で停止請求 ができる!
(注意するくらいだから一人で足りる)

2:次に、過半数で停止請求の訴訟 ができる!
(訴訟起こすくらいだから半分以上いるだろう)

3:そして、 以上でついに使用禁止 の訴訟できる!
(これくらい集まるならみんなの迷惑だから)

1 →→ 2 →→ 3 のステップで重みが違う ので、違いをチェックしておくこと。

※ ただし、建替え決議は5分の4以上の決議が必要なので、要チェック!
建替えはとても大事なので5分の4以上となっています!

法改正でのポイント(宅建 区分所有法の理解)

① 法人化する際の人数が、かつて30人未満はダメであったのが、人数制限が無くなり、
   何人でも良くなった点

② 規約は書面or電磁的記録で作らなければいけない(口答はダメ)

③ 建替えの理由は関係なく、建替え前と建替え後に理由が異なっていても構わない。

宅建

宅建試験勉強法

たったこれだけ!?
驚くべき民法の勉強法

宅建業法は満点を取れ!

制限問題はカンタン!

意外!最も範囲の広い
『その他の関連知識』

45日間で合格する秘訣

全国の宅建試験受付





HOME - 運営者情報 - サイトマップ - リンクについて


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。