担保を簡単に理解する 宅建試験にたった45日、カンタン一発合格できる勉強方法


HOME > 担保を簡単に理解する

担保を簡単に理解する

担保を簡単に把握する

担保について大事だと思う所は 抵当権に関する所 です。
ここは難しかったので何度も見直すことが大事だと思います。

まず、抵当権お金が払えなくなった時の為に、それを代替させる というものです。
よく家を建てる時などに付けられることが多いです。

① その抵当権の範囲についてですが、増築をした時も及ぶ!
ここがテストに出やすいポイントだと思います。

② 利息についても、他に返す人がいる場合は 最後の2年分のみの支払いでよい!
但し、だれにも返す人がいないのなら2年に限らずいくらでも取られるという事になります。
この2つは☆マークをつけて何度も見直しました。

宅建

宅建試験勉強法

たったこれだけ!?
驚くべき民法の勉強法

宅建業法は満点を取れ!

制限問題はカンタン!

意外!最も範囲の広い
『その他の関連知識』

45日間で合格する秘訣

全国の宅建試験受付





HOME - 運営者情報 - サイトマップ - リンクについて


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。