連帯保証人・保証人 宅建試験にたった45日、カンタン一発合格できる勉強方法


HOME > 連帯保証人・保証人って何がどう違うの?

連帯保証人・保証人って何がどう違うの?

次に連帯保証人と保証人について覚えておきましょう。

ここでポイントになる所は 連帯保証人と保証人の違い です。

ここがテストで問われやすいポイントになると思うので十分理解しておく必要があります。
保証人には 検索の抗弁権催告の抗弁権 があるが、連帯保証人にはその2つがない!

それを逆に出されるケースがあるので気をつけながら覚える事が良いでしょう。

そして、保証人になる場合は書面が電磁的記録で行う。

口約束ではなく、書面で交わされるという所が大事なポイントです。

保証人が1人ではなく2人や3人と複数の時には、全員に同時に全ての金額を請求することも
出来ますし、分割で請求することも出来ます。

また、保証人がA,B,Cと3人いて、3人で3千万借りたとします。

その際にAさんが3千万を一括して返済した場合、AさんはBさんとCさんの
負担分それぞれ1千万ずつを、BさんCさんに要求することもできます。

宅建試験にカンタン1発合格!宅建試験合格方法

宅建

宅建試験勉強法

たったこれだけ!?
驚くべき民法の勉強法

宅建業法は満点を取れ!

制限問題はカンタン!

意外!最も範囲の広い
『その他の関連知識』

45日間で合格する秘訣

全国の宅建試験受付





HOME - 運営者情報 - サイトマップ - リンクについて


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。