相続パターン 宅建試験にたった45日、カンタン一発合格できる勉強方法


HOME > 昼ドラのような相続パターン

昼ドラのような相続パターン

次に覚える所は相続に関する問題についてです。

相続についてポイントは、

① 相続分の割合
② 遺言
③ 遺留分

この3つのポイントを、しっかり押さえておきましょう。

① 相続分の割合

まず図を見て下さい。

昼ドラのような相続パターン - 宅建試験にカンタン1発合格!宅建合格方法

この図について A が死亡した場合、
B に1/2 なので1500 万、
C、D 共にさらに1/2 ずつして750 万ずつ入る
というのがスタンダードなケース。

宅建試験でのポイントは、H

このH については簡単に。

C,Dのような 現状の 親子関係の1/2 で良い ということを押えておいて下さい。

B さんは変わらず1500 万、
C,D が600 万ずつ、
H が300 万

ここを理解しておくべきです。

② 遺言について

ポイントは以下の4点です。

・ 15 歳以上で単独でも出来る
・ 遺言は文書で行い
・ いつでも遺言を撤回もできる
・ 遺言は遺言者が死んだ時から効力を生じる

③ 遺留分について

割合を覚えるというよりも、効果や相続との比較で覚えれば足ります。
遺留分を侵害した遺言が無効になるわけではなく
侵害された部分を減額するように請求できるということ!

☆ 請求するにも時効があり、相続などの開始等を知った後
1年以内に請求しなければ減額請求はできない!

☆ 相続開始から10年を経過すると、遺留分が行使できなくなる。
この2つが大切です。

☆放棄について

これら、①相続分の割合、②遺言、③遺留分の放棄について。
相続は相続開始前にはできない、
遺留分は家庭裁判所の許可があれば相続開始前にもできる!

宅建

宅建試験勉強法

たったこれだけ!?
驚くべき民法の勉強法

宅建業法は満点を取れ!

制限問題はカンタン!

意外!最も範囲の広い
『その他の関連知識』

45日間で合格する秘訣

全国の宅建試験受付





HOME - 運営者情報 - サイトマップ - リンクについて


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。