宅建の要 賃貸借 宅建試験にたった45日、カンタン一発合格できる勉強方法


HOME > 不動産の要、賃貸借を理解しよう

不動産の要、賃貸借がわかるためには

必要費 ・・・・ 直ちに全額請求できる

有益費 ・・・・ 賃貸借終了時に現存価値分を請求できる 賃貸人が選ぶ

借地権の対抗(賃貸借1)

借地権に対抗する際に、有効な手段は以下の3つ。

登記 (土地)
建物登記
掲示 (登記のかわりになる) 建物減失の日から2年間

建物賃借権の対抗力(賃貸借2)

建物賃借権のことで対抗するときに、有効な手段は以下の2つ。

登記記録
建物の引渡しがあった

地上権と賃借権の違い

不動産の要、賃貸借を理解しよう(賃貸借について)

宅建

宅建試験勉強法

たったこれだけ!?
驚くべき民法の勉強法

宅建業法は満点を取れ!

制限問題はカンタン!

意外!最も範囲の広い
『その他の関連知識』

45日間で合格する秘訣

全国の宅建試験受付





HOME - 運営者情報 - サイトマップ - リンクについて


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。