法令上の制限、勉強法 宅建試験にたった45日、カンタン一発合格できる勉強方法


HOME > 満点が取れる法令上の制限、勉強法

満点が取れる法令上の制限、勉強法

次は法令上の制限ですが、こちらは宅建業法同要、覚えることで点が取れますし、
出るところも絞りやすいので、ぜひ勉強して満点近い点を取りにいきましょう!

では要点をまとめていきます。
まずは言葉です。
同じような言葉が多く、しかも意味が違うので、そこを混合して出される事があります。

ひっかかりやすい所をチェックしておきましょう!

高度地区 建物の高さの最高限度、最低限度
高度利用地区 容積率の最高限度及び最低限度、建ぺい率の最高限度・・・・etc!
(法令上の制限1)

ここでは高度利用地区を覚えるのが正直、面倒臭いです!
そこで高度地区の意味を覚えて、もう一方が高度利用地区。

2つを混ぜる問題がほとんどだったので、これでばっちり1点とりましょう!

もう一つ!

市街化区域、非線引都市計画区域(法令上の制限2)
⇒道路、下水道、公園を定めなければいけない

住居系の用途地域(法令上の制限3)
⇒道路、下水道、公園 + 義務教育施設を定めなければならない

宅建

宅建試験勉強法

たったこれだけ!?
驚くべき民法の勉強法

宅建業法は満点を取れ!

制限問題はカンタン!

意外!最も範囲の広い
『その他の関連知識』

45日間で合格する秘訣

全国の宅建試験受付





HOME - 運営者情報 - サイトマップ - リンクについて


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。