建築協定のポイント 宅建試験にたった45日、カンタン一発合格できる勉強方法


HOME > 建築協定の3つのポイント

建築協定の3つのポイント

建築協定には2種類あります。

1.地域の住民同士で私的な契約を交わしルールを決めるもの
2.一定の手続きを経て区市町村の認可を受けるもの

1の場合は、契約当事者のみが拘束を受けます。

新たに土地を購入した人に対しては強制力がありません。

2の場合は、協定区域内の土地所有者等 (借地人等も含む) 全員の合意に基づいて申請する。

建築基準法の規定に則って役所から認可公告を受けたものなので、新たにその協定区域内の
土地を購入した人に対しても効力が及びます。

建築協定では、不当な内容でない限り、土地や建物の利用について自由に制限を
定めることができます。

建物の用途や建物の構造、道路や隣地からの後退距離、生け垣の構造等を定めることが
多くなっています。また、外壁の色彩等について定めている場合もあります。

ここでポイントとなるのは、建築協定の取り扱いについてです。

締結全員の合意が必要
変更全員の合意が必要
廃止過半数の合意が必要

宅建

宅建試験勉強法

たったこれだけ!?
驚くべき民法の勉強法

宅建業法は満点を取れ!

制限問題はカンタン!

意外!最も範囲の広い
『その他の関連知識』

45日間で合格する秘訣

全国の宅建試験受付





HOME - 運営者情報 - サイトマップ - リンクについて


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。