3大書面 宅建試験にたった45日、カンタン一発合格できる勉強方法


HOME > 3大書面をパーフェクトにするには?

3大書面をパーフェクトにするには?

次に覚えたのは3大書面についてです。

ここは特に実務でも重要なうえ、テストでも毎年何問か出題されているので、
整理して頭に入れておかなければなりません。

3つのキーワード

① 専任、専属
② 35条
③ 37条

この3つのキーワード、ここをポイントに勉強する事が大事です。

①専任、専属(3大書面1)

これは「土地を売りたいんだけど買い手を探してくれませんか?」と
いうような時に必要です。

専任媒介契約 < 専属専任媒介契約

専属専任は1つだけです。
また、自らが知り合いに探してもらえるわけではありません。

なので、専属専任は引き受けた会社自体もバックサポートを充実させなくてはなりません。
これらを比較して覚えて下さい。

宅建 3大書面をパーフェクトにするには? - 宅建試験にカンタン1発合格!宅建試験合格方法

※そして、どちらも「指定流通機構」に登録しなければならない!

②35条(3大書面2)

これはまず、

① 渡す相手は、買い手の方!
② 契約が成立する前に発する!
③ 宅建主任者が記名、押印

☆ アスベストの使用有無について調査されていれば、その内容を報告する。
※調査されていないからといって調べる必要はない!

③37条(3大書面3)

こちらはまず

①渡す相手は両者!
②契約が成立した後に!
③宅建主任者が記名、押印!

こちらは、 移転登記申請時期が売買なら○ 賃借なら× ← ここが良く聞かれます!
35条、37条はどちらかを覚えて、どちらかはその逆、と
どちらも覚えるよりは、反対だったと思い出すことが出来れば良いでしょう。

ここは落とさず、確実に1点を取りに行きましょう!

宅建

宅建試験勉強法

たったこれだけ!?
驚くべき民法の勉強法

宅建業法は満点を取れ!

制限問題はカンタン!

意外!最も範囲の広い
『その他の関連知識』

45日間で合格する秘訣

全国の宅建試験受付





HOME - 運営者情報 - サイトマップ - リンクについて


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。