農地法について 宅建試験にたった45日、カンタン一発合格できる勉強方法


HOME > 農地法について

何から何へ?農地法について


農地法は、農地の所有者が勝手に農地を農地以外のものとして使用したり、
処分したりするのを制限しています。

農地とは?

耕作の目的に供される土地をいう。
農地か否かの判断は、土地の実態に基づいて客観的に定められるものです。
土地利用者の主観的意思や土地登記簿の地目とは関係ありません。

一般的に、休閑地や一時的不耕作地は農地であるのに対して、
家庭菜園や一時的耕作地は農地とされません。

採草放牧地とは?


農地以外の土地で、主として耕作又は養畜の事業のための採草又は家畜の放牧の目的に
供される土地を言います。

農地を農地のまま権利移転する時の制限 <権利移動>

農地を農地として他人に譲る際にも以下のような制限があります。

宅建 農地法 - 宅建試験にカンタン1発合格!宅建試験合格方法

権利移動が可能なケース
農地農地として他人に譲る →
農地採草放牧地として他人に譲る →
採草放牧地採草放牧地として他人に譲る →
採草放牧地農地として他人に譲る → ×

農地を自分のために農地以外のものにする場合 <転用>

農地を農地以外のものに転用する際にも以下のような制限があります。

4ha 以下知事の許可を受けなければならない。
4ha 以上 = 農林水産大臣の許可が必要。

(許可申請が不要な場合)

○ 国又は都道府県知事が農地転用する場合
○ 土地収用法等により収用した農地を収用等に係る目的に供する場合
○ 土地改良事業又は土地区画整理事業の施行による農地転用の場合 等々

転用が可能なケース

農地採草放牧地として他人に譲る → ○
農地
他の用途として他人に譲る → ○
採草放牧地を採草放牧地として他人に譲る → ×
採草放牧地を他の用途として他人に譲る → ×

農地を農地以外のものにして権利移転する場合 <転用目的権利移動>

農地を他の用途として他人に売却する際には、以下のような制限があります。

権利移動との転用目的権利

宅建 農地法 - 宅建試験にカンタン1発合格!宅建試験合格方法

移動の違いは、農地のまま耕作目的で売買等する場合か
農地を転用する目的で売買する場合か、にある。

市街化区域内の農地を転用または転用目的権利移動する場合、
農業委員会への届出で足ります。

転用目的権利移動が可能なケース
農地採草放牧地として他人に譲る → ○
農地他の用途として他人に譲る → ○
採草放牧地他の用途として他人に譲る → ○
採草放牧地採草放牧地として他人に譲る → ×

宅建 農地法 - 宅建試験にカンタン1発合格!宅建試験合格方法

お上がやることは許可不要

国、都道府県

宅建

宅建試験勉強法

たったこれだけ!?
驚くべき民法の勉強法

宅建業法は満点を取れ!

制限問題はカンタン!

意外!最も範囲の広い
『その他の関連知識』

45日間で合格する秘訣

全国の宅建試験受付





HOME - 運営者情報 - サイトマップ - リンクについて


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。