景品法のツボはフラット35 宅建試験にたった45日、カンタン一発合格できる勉強方法


HOME > 景品法のツボはフラット35

景品法のツボはフラット35

次は 宅建の景品法、フラット35と公正競争規約についてです。

売る気もないのに、広告に出して来た所で他の物件を見せたりすること。
おとり広告ということです。これくらいでOK!

景品法のフラット35は、お金の融資です。フラット35には条件があります。

① 1億円以下のもの!
② 床面積が一戸建て 70㎡以上!
③ マンションなどは 30㎡以上!

フラット35の良点

ずっと金利が変わらない。
そのため、途中で金利が上がることもないので、計画を立てて返していける!

公正規約について

よく目にする 『駅から徒歩5分』 などありますが、それは 道路距離80m=1分
これを基準に計算されています。

※ 『道路距離であって直線距離ではない!』 これが良く出ていました!

また、新築とは、建てられて1年未満で未使用なもの。

宅建の景品法、フラット35と公正競争規約についてはこれくらいのポイントで足りると思います。

宅建

宅建試験勉強法

たったこれだけ!?
驚くべき民法の勉強法

宅建業法は満点を取れ!

制限問題はカンタン!

意外!最も範囲の広い
『その他の関連知識』

45日間で合格する秘訣

全国の宅建試験受付





HOME - 運営者情報 - サイトマップ - リンクについて


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。